前回の続きです(歯周病の新常識) | 札幌西区の歯科なら札幌西区の歯科 もみの木ハッピー歯科

もみの木ハッピー歯科 マーク ロゴ2

BLOG
ブログ

前回の続きです(歯周病の新常識)

前回の記事と合わせてお読みいただければ幸いです。

 

「出血をなくすことで歯周病の発症を防ぐ」

ミュータンス菌の栄養源は糖類で、ジンジバリス菌の栄養源は出血です。したがって、歯茎から出血しない状態を維持することが、歯周病の管理上とても重要です。

胃潰瘍、胃がんの原因となるピロリ菌は除菌できる時代になりましたが、歯周病はいまだに駆逐できない細菌です。しかし、発症させない方法論は確率されています。

当院では、歯茎からの出血をないくための治療と管理を行っています。定期健診では、口腔内フローラを良好に維持できるよう、磨き残しのクリーニングを行います。

 

「発症予防のためには歯ブラシ習慣が重要」

虫歯も歯周病も感染していなければ発症しません。感染を避けることが最大の予防方法ですが、ほとんどの方は感染しています。そのため、発症の予防を考える必要があります。歯ブラシは歯周病に最も有効です。

一方、虫歯予防には食習慣が最も重要。つまり、歯ブラシ習慣、食習慣は共に大切ということになります。

お口の中のネバネバの正体は、台所や風呂場のヌメリと同じく細菌が原因です。ヌメリをとる感覚で、ゴシゴシしっかり磨いてください。その際、出血しないことが、歯周病予防のサインです。

コラム一覧へ >