インプラント | 札幌西区の歯科 もみの木ハッピー歯科

もみの木ハッピー歯科 マーク ロゴ2

IMPLANT
インプラント

インプラントイラスト
  • インプラント治療とは?

    もしも歯を失ってしまったら、その分の負担が別の歯にかかります。
    また、思いもよらない歯の移動が発生することもあります。
    結果として噛み合わせが悪くなり、同時に見た目も悪くなってしまいます。
    歯が抜けても、咀嚼筋群が発揮する力は変わりません。
    つまり、1本あたりの負担が大きくなるということであり、歯の寿命が短くなることに繋 がります。
    失った歯を補う方法としては「入れ歯」や「ブリッジ」が良く知られていますが、近年では歯が抜けた部位の顎の骨にチタン製の人工歯根を直接埋入し、それを土台として人工の歯を装着する「インプラント治療」が注目を集めています。

  • 実はメリットの多いインプラント治療

    人工歯根を埋入する際に手術が必要となりますが、医学的には最もメリットが大きい選択肢です。
    チタン製の人工歯根は直径約4mm、長さ約10mmで、周囲に骨の細胞が集まり、顎の骨と徐々に一体化していく「オステオインテグレーション」という現象で生体に取り込まれていきます。
    安全で長く使える先端医療として、世界中で数多くの施術実績があります。
    もみの木ハッピー歯科では、埋入するインプラントに世界中で実績が高い「アストラティックインプラント®」を使用し、CTによる3D画像を使用して立体的に理想の埋入位置をシミュレーション可能な「シムプラント®」を導入しています。
    手術後2ヶ月以内に治療を完了できることが多く、安心の10年保証付きです。

インプラントのメリット・デメリット

  • メリット
  • 01. 残っている歯に負担をかけません

    バネで周囲の歯に引っ掛ける入れ歯や、周りの歯を削る必要があるブリッジは、残っている健康な歯にかなりの負担がかかります。
    顎の骨に直接人工歯根を埋入するインプラントは、残っている歯に負担がかかりません。

    02. 自分の歯のような感覚で使用できます

    顎の骨に振動がしっかりと伝わりますので、噛み心地などは天然歯と同様です。顎の骨に振動が伝わることは、周囲の筋肉を健康に保つことにも繋がります。
    食事制限などはもちろんありませんし、歯みがきも天然歯と同様に行って頂けます。

  • デメリット
  • 01. 埋入時に手術が必要となります

    チタン製の人工歯根を顎の骨に埋入する際に、手術が必要となります。
    当院ではシミュレーションシステムである「シムプラント®」を導入することで、安心・安全な手術を実現しています。

    02. 健康状態や骨の状態により、手術出来ないことがあります

    骨粗鬆症や重度の糖尿病などの場合、顎の骨の骨密度が適切でないことがあります。
    また、高度最先端医療のため、保険診療が効きませんので、自由診療となります。
    従来の入れ歯・ブリッジでお悩みがある方は、ぜひ一度お気軽に当院までご相談下さい。

笑顔

MEDICAL CARE
対応診療科

※保険外診療のみクレジットカードでのお支払が出来ます。