矯正歯科 | 札幌西区の歯科 もみの木ハッピー歯科

もみの木ハッピー歯科 マーク ロゴ2

ORTHODONTIC
矯正歯科

  • 美しい歯並びで身体も健康に。

    もみの木ハッピー歯科の矯正治療は、通院回数が少なく、痛みが出にくく、さらに抜歯の可能性が少ないことが特徴である「デイモンシステム®」を使用しています。
    歯並びは、早い段階での対応が得策です。
    まずは何でもお気軽にご相談いただき、あなたのお悩みをお伝え下さい。
    患者様にとって最適な治療方法をご提案致します。

    • 自然な
      仕上がりに

    • 治療後の
      後戻りが少ない

    • 負担金が少ない

  • 矯正治療
笑顔

OCCLUSAL GUIDANCE
咬合誘導

  • 大人になってから歯並びを治すことを「成人矯正」と呼びますが、成長期に障害物を順次取り除いて歯が正常な場所に生えてくる誘導を行う治療を「咬合誘導」と呼びます。
    咬合誘導は、(親知らず以外の)大人の歯が生えそろう13歳くらいまでに完了します。
    始めるタイミングは、3歳から7歳くらいの期間が多いです。

    正しい歯並びの大前提として、「顎の成長」と調和する形で「歯の生え変わり」が起こることが必要です。
    最近の子供は顎が小さいことが多く、また、歯の生え変わりが遅いことが多いようであり、結果として歯並びが悪くなる傾向が高くなっています。

歯並びが悪くなる理由

  • 01

    口呼吸

    常に唇を閉じずにポカンと口が開いたままの状態になっている(口唇閉鎖不全)・ 舌の癖(舌が前に押しだす)も原因のひとつです。

  • 02

    悪い癖

    頬杖や横向き寝、爪噛み、指しゃぶりなども、歯並びと噛合せに影響を及ぼします。

  • 03

    生え変わりが遅い

    1抜けるタイミングが遅い乳歯があると、永久歯が生えてくるのを邪魔して、永久歯が横から生えてきてしまいます。

  • 04

    顎が小さい

    乳歯と乳歯の間が狭くなり、永久歯が生える時に前後の乳歯に当ってしまい、永久歯が横から生えてきてしまいます。

  • 対策
  • 乳歯が生えてから13歳くらいまでの期間、3ヶ月ごとの定期検診により、顎の成長と生え変わりのタイミングをX線撮影により確認します。
    正常な歯並びの障害となるものが発見された場合、順次取り除いていきます。これにより、ほとんどの不正咬合は防げます。
    具体的には、必要に応じて顎の成長方向を誘導し、また必要に応じて乳歯の抜歯をしていきます。

笑顔

MEDICAL CARE
対応診療科

※保険外診療のみクレジットカードでのお支払が出来ます。