口腔外科 | 札幌西区の歯科 もみの木ハッピー歯科

もみの木ハッピー歯科 マーク ロゴ2

ORAL SURGERY
口腔外科

  • 口腔領域全体に関わることはお任せください。

    もみの木ハッピー歯科は、親知らずの抜歯や口腔粘膜の疾患、外傷など、歯科医院で行うほとんどの口腔外科小手術に対応している他、埋伏歯といった重い症状のものにも対応しております。

    総合病院や口腔外科専門医とも連携して、患者様にとって必要であると判断した時に は、積極的にご紹介できる体制をとっております。 まずはお気軽にご相談下さい。

健康な歯
  • 01 親知らず・埋伏歯の抜歯

    当院では、症状の軽い「親知らず」の抜歯はもちろん、普通の歯科医院ではあまり行わない「埋伏歯(骨に埋まった歯)」の抜歯も行っております。
    親知らずは、第三大臼歯または智歯とも呼ばれ、20歳前後に一番最後に出てくる歯です。

    歯の一部が歯肉から出た状態の親知らずは、周りの歯にも悪影響を及ぼします。
    歯磨きが上手く出来ずに虫歯になりやすいなど、直接的に口腔内の健康を損ねる恐れもありますので、歯肉の炎症などといった周囲への影響を踏まえて抜歯の対象となる場合があります。

  • 02 口腔粘膜の炎症

    舌や歯肉、頬の内側など、口腔内の粘膜炎症にも対応しております。
    口内炎も口腔粘膜疾患に分類されます。
    口腔の炎症が歯を原因とする場合、歯肉などに炎症が生じます。
    歯根の先や歯の周囲から細菌が侵入して感染してしまうことが主な原因です。
    炎症が重症化するのを防ぐ上で、また再発を防ぐ上でも、原因となる歯を早期に治療することがとても大切です。
    歯を原因としない場合、口内炎と呼ばれるものが一般的で、舌・頬・唇など粘膜部分に炎症が生じます。

  • 歯を削るイラスト

    03 口腔の腫瘍・嚢胞

    口腔内には、内蔵などと同様に、様々な腫瘍が生じます。
    腫瘍の一部あるいは大部分が嚢胞(のうほう)のようになっていることもあります。
    顎骨(顎の骨)の中、とくに下顎の後方部に発生し、大きくなると顎骨が膨隆し、顔貌も変化してしまいます。

    良性腫瘍の場合は、命に別状はありませんが、摘出・切除が可能です。
    ただ、悪性腫瘍(口腔がん)の発生も多く認められ、舌・歯肉・頬粘膜・顎骨・唾液腺などに生じます。

笑顔

MEDICAL CARE
対応診療科

※保険外診療のみクレジットカードでのお支払が出来ます。