お子さまの治療

小児歯科

大切なお子様の成長を見守り、
むし歯のないキレイな歯並びになるために

そして、いつか子どもたちが大きくなったとき、
もみの木ハッピー歯科に通っていたことが
良い思い出になれたら…

おすすめする対象

  • 1お子様を、むし歯ゼロで、綺麗な歯並びにしてあげたいと思われる方

  • 2定期検診に応じて頂ける方

おすすめポイント

  • 10歳児から6年生までの「3か月検診」に最も力を入れております
    むし歯のみならず、歯のはえかわり、歯並びを見守ります

  • 2お子様にとって、歯科医院が好きな場所になれるように心がけています

  • 3むし歯治療はすべて院長が、定期検診もほとんどの場合院長が担当します

※矯正治療以外は、すべて保険診療で行っております。

※札幌市子ども医療費受給者証をお持ちの方は、初診時のみ510円かかり、治療や検診の際に、費用負担はありません。

定期検診

第1期:
乳歯が生えてから~3歳半

乳歯が20本、生えそろうまでの、お子様のお口の成長を見守ります。
キッズコーナーで行います。
お子様がキッズコーナーで遊んでいる横で、保護者の方に、気になっていること等を問診します。
いつ、何を、どのように食べさせるべきかを、乳歯の生え具合に応じて、お話しします。
いつ、どのように歯ブラシをするべきかを、乳歯の生え具合に応じて、お話しします。
ご希望があれば、フッ素塗布を行います。

第2期:
3歳半~就学前

レントゲン写真を撮り、むし歯のチェックを行います。
大人の歯が生えてくるスペースが確保されているか、チェックを行います。
保護者の方に結果を説明し、必要に応じ、アドバイスをします。
むし歯、不正咬合予防の観点より、3歳半から始めるべき食習慣を、お話しします。
治療機材の無い、小児専用の診察室で行います。
ご家庭での磨き残しをブラッシングします。
ご希望があれば、フッ素塗布を行います。
5~6歳頃には、はじめての大人の歯が顔を出します。

第3期:
小学1年生~6年生

成人と同じ診察室で行います。
レントゲン写真を撮り、むし歯のチェック、生え変わりのチェックを行います。
28本の永久歯が、綺麗に生えそろうよう見守ります。
ご家庭での磨き残しをブラッシングします。
必要に応じ、咬合誘導を行います。
小学校の卒業までに、28本の永久歯が、むし歯が無く、綺麗な歯並びであることを目指します。
ご希望があれば、専用トレーを用いて、高濃度フッ素を3分間、永久歯に浸透させます。

中学生以降

これまで、ずっと通って頂いた方は、ご希望に応じ、中学生以降も、年に1~2回程度の検診に応じております。

定期検診を迷われている
保護者様へ

歯科に通ったことが無くても、むし歯の無い、綺麗な歯並びが達成される子供たちがいます。
それが、人間の本来の姿なのでしょう。
逆に言うと、むし歯、不正咬合は、現代病と言えるかも知れません。
原始的な生活を送っている先住民族には、むし歯、不正咬合は見当たらないと言います。
そこに、ヒントがあります。
そのヒントを、お子様に合わせて、お話ししております。

通っていたおかげで、むし歯が出来る生活から脱却できる子供たちがいます。
通っていたおかげで、矯正をせずに、綺麗な歯並びを達成できる子供たちがいます。
通っていたおかげで、簡単な矯正で解決できる子供たちがいます。

しかし、結果論として、検診が不要であったように思われる子供たちもいます。

転ばぬ先の杖として定期検診を捉えて頂ける方の来院を、お待ち致しております。

むし歯治療

3歳半以前のお子さま

基本的には、経過観察します。3歳半以前に歯科治療を経験すると、脳がトラウマとして記憶し、一生涯、歯科が苦手となることが多く報告されております。進行しないよう、ご家庭で気を付けて頂くべき事項を伝えます。必要に応じ、進行止めの薬剤を用いることがあります。

3歳半以降のお子さま

お子様に恐怖心を与えぬよう行います。歯科にトラウマがなく、当院に慣れている子供たちは、とても上手に出来ます。
トラウマのあるお子様、慣れていないお子様は、慣れてもらえるようなプログラムを用意してあります。

乳歯のむし歯は、チャンス?

乳歯に、むし歯ができた場合、それは生活習慣に原因があります。
そこを改善しなければ、やがて生えてくる永久歯も、むし歯になるでしょう。
原因となった生活習慣を知ってもらい、改善することで、永久歯のむし歯ゼロが達成できます。
せっかくのチャンスを無駄にしないよう、生活習慣の提案を致します。

シーラントは必要?

指に指紋があるように、歯にも溝(みぞ)があります。指の指紋は、物をつかみやすくするためのものです。歯の溝は、食物を捉えやすくするためのものです。

食物を捉えるために必要な溝を、すべて埋めることは、咀嚼能率の低下をきたすため、おすすめしておりません。

しかし、歯の溝が著しく深くなっていることが稀にあります。その際にのみ、シーラントを行っております。後に、取れないように行います。
定期的に検診を行っていく中で、シーラントの必要性を判断します。

矯正治療

不正咬合の原因

遺伝的なもの

  • ・近親者に反対咬合の方がいる

  • ・近親者に生まれつきの永久歯の欠如
    (先天欠如)がある など

先天的なもの

  • ・胎生期に母体の栄養不足があった など

後天的なもの

  • ・生え変わりが上手くいかなかった

  • ・大きなむし歯があった

  • ・乳歯の根が化膿していた

  • ・硬いものが食べられない

  • ・癖がある

  • ・栄養不足や睡眠不足がある など

原因によって、対処法は異なってきます

定期検診にて、 早期に気付き、将来を予測し、アドバイスを行い、
または対処することで、出来る限り、全体矯正が必要とならぬよう、見守っております。
それでも無理なとき、矯正治療を行います。

矯正装置の例

保険外治療

ムーシールド

3歳~4歳頃にはじめる、反対咬合を治すための装置です。保険適用外となり、15,000円かかります。
ムーシールドだけで反対咬合が治れば、最も自然な仕上がりになります。
調整料はかかりませんが、3か月検診の度に、装置を確認させて頂きます。

保険外治療

側方拡大装置

小学校1~2年生で、前歯がガタガタになりそうな際に使用する装置です。
取り外し式で、就寝時に使用します。保険適用外となり、240,000円かかります。側方拡大は、始めるタイミングが早ければ、全体矯正に移行することは稀です。永久歯を抜かずに、綺麗な歯並びを得られることが多いです。調整料はかかりませんが、3か月検診の度に、装置を確認させて頂きます。

保険外治療

全体矯正

デイモンクリア2®を使用しております。保険適用外となります。
就学前より定期検診に通っておられる方は、480,000円で行わせていただいております。
始めるタイミングは、小学校3年生頃からでも可能なことがありますが、小学校5年生くらいからのスタートが多いです。

1万人以上診てきた経験と、総合歯科だから出来る矯正治療があります。
矯正治療は、肉体的、経済的な負担を低く抑えることに留意しております。

矯正専門クリニックとの違い

① 最大の違いは、第1期、第2期から通っておられる方へは、
出来る限り矯正をせずに、綺麗な歯並びの達成を目指していること

② むし歯予防も同時に行えること

③ 抜歯や、外科処置が必要な際も、同一クリニックで完結できること

ご予約・お問い合わせ

診療時間

09:30~13:00

14:00~17:30

【休診日】土・日・祝日 お盆・年末年始
※学会等により、臨時休診となることがありますので、お電話にて確認をお願いします。

※夕方15時以降は、お子様が多く来院されております。成人の初診は、14時までのご予約をお勧めしております。

※キャンセルの際は、可能な限り、土日祝を除く2日前までに電話連絡を頂けますよう、お願い申し上げます。